2013年10月23日水曜日

学生への新装置

私が行う実験というのは何通りかあります。

 1.自分自身で実験を行うテーマ

 2.今後に向けて新しく立ち上げるテーマの予備実験

 3.学生が新しい段階を迎える際の実験ヘルプ

 4.卒業してしまった学生のデータを、改めて取り直す必要が出たとき

大まかに分けて、上のような感じです。


なお、本助成でいただいているテーマは、
1.で自分自身で実験しています。

実験を打てば、学生よりは期待通りにデータは出るのですが、
大学教員は色々と仕事があるので、
実験する時間がなかなか取れないのが、皆の悩みであります。。。


===============================


さて、先週は、1.自分のテーマへ向けて、
SiCl4の供給装置を組み立てておりましたが、
今週は別の新装置を組み立てております。

3.学生のテーマのヘルプです。


M1の前田君です















装置構成をふくめて、色々とトライしました。


今日は、ガスが詰まりました。
ガスが漏れました。

配管を抜きました。つなぎました。
配管がサビました。

熱いものを急冷させないといけなくて、
水に入れ、激しく湯気を出しました。



などなど、色々とトライし、
ようやくデータが出るところまで、こぎつけました。


電極には、ヤスダの名。置いている時に間違われないように。














そして、出たデータが悩ましい

いいデータのような、よくないデータのような。。。

悩む悩む
そして考える。また考える

これこそが研究者の醍醐味ではないかと思います。



まぁ、彼のテーマなので、
今回の立ち上げ以降は、この悩ましさも彼に引き継ごうかと思います。

2 件のコメント:

  1. ガスが漏れたり、激しく湯気が出たり、配管がさびたり。。。何やら、怖いですね。気を付けて実験を続けてください。
    悩ましいデータが出た時に。あれこれ考えるのが研究者の醍醐味ですか。なるほど。
    文化系の小生にはなかなか理解できない世界ですね。

    逆に文科系の研究(と言ってもいろいろありますが)にとっての醍醐味って何なんだろう?と考えてみますと、山道をコツコツとのぼり続ける途中で木々の隙間から見える遠景や今まで自分が歩いて来た道を振り返って見るなかで、諸々の繋がりが見えてくるような感じなのかな?と思います。帰納から演繹に繋がる瞬間を感じた時なのかな?と思います。

    会社勤めを初めて数年経った頃に、大学に戻ろうか?と真剣に悩む転機がありました。企業勤めを続けるという道を最終的に選んだのですが、いまだに大学に残った友人たちとの濃い交流が続いています。

    返信削除
    返信
    1. 実験に失敗はつきものなのですが、
      「失敗をしない」こと以外に、「うまく失敗する」ということが
      とても大切だと思います。
      昨日ですと、ガス漏れも人体無害のアルゴンで確認してから、
      危なそうなガスを本番で使用してますし、
      湯気も熱い湯気が出る位置には体を置かないようにしています。

      うまくいくことが当たり前という考えで研究を始めた学生さんにも、
      リスクマネージメント(失敗しないだけでなく、うまく失敗する)を
      教えてるようにしていますね。

      先日、高校の同級生と会って、
      彼は文科系の大学教員なのですが、
      基本的に1人で研究をするということで、我々と違うのがやや驚きでした。

      余談ですが、実験でトラぶった時(部屋全体への水漏れの拭き掃除など)や、
      データの解釈を皆で悩んで解決した時などに、
      一緒に働いた人の結束が固くなるのも、テッパンです。

      削除

亜鉛還元による太陽電池級シリコンの高速連続製造法に関する研究

安田 幸司
(京都大学 環境安全保健機構 助教)