2013年10月17日木曜日

SiCl4供給装置と石英反応管

8月22日の記事で書いていたように、
実験をする時間がない引っ越し期間にも研究が進むよう、
その間に製作を進めていた石英反応管が、
完成して先々週の末に納入されました。

本助成の経費で購入させていただきましたので、
報告させていただきます。

図面通りピッタリ














===============================


上の反応管は、内部に四塩化ケイ素(SiCl4)ガスを流して、
高温で反応させるのに使うのですが、
SiCl4を送り込むための装置というのも作る必要があります。


できたのがこちら。

シンプルですが、定量的に供給できます














見ての通り、かなりお手製の装置構成です。


白いホース: アルゴンガス供給ライン
緑のボトル: SiCl4保持容器
プラスチックの箱: 恒温槽となる水の容器
黒いホース: 恒温槽用の装置から水を送り込むライン


昔、東京大学でポスドクをしていた時代に
ほぼ同じものを作っていたので、あっさりできあがりました。
箱の穴あけや、ゴム栓の穴あけと接続など、
ごく簡単な加工を施しただけですけど、けっこう優秀です。

なお、最近の私の学生への口癖は、
「無いもんは自分で作る!」
です。



できあがったので、
修士1回生の前田君と一緒に、本日試運転。

実験に先立ち、
ドラフトの中で、SiCl4の瓶を開けて、
緑のボトルに移し替えるとき。。。

 ふごっ!

って言いたくなる感じの、刺激臭が我々の鼻を襲いました!


SiCl4というのは、
空気中の水分と以下の反応を起こし、
 SiCl4 + 2H2O → SiO2 + 4HCl
塩化水素(HCl、塩酸)のガスを生じます。

そのため、強烈な刺激臭がするわけです。


たったの1~2秒のことなので、
身体にダメージはないのですが、
初めて臭いをくらったときは、精神的にダメージを受けます。

学生の彼は初めてのSiCl4だったので、ややダメージを受けていたようです。

若者よ、がんばれっ!

5 件のコメント:

  1. 安田先生
    今回も、非常に興味深く読ませて頂きました。先生の、研究者としての基本的なスタンスも良く解りますし、部下というか学生を指導する姿勢も良くわかります。
    また、財団からの資金で購入されたものを撮影してくれてありがとうございます。

    今回のように、すべての実験器具が注文すれば手に入る場合がすべてではないでしょうし、実験器具のようなものさえなかなか思い通りに入手できない国々もあるでしょうから、”ないものは作る”という方針は、ある意味基本中の基本ですね。

    返信削除
    返信
    1. 中原様
      先日の粉体展の話もそうですが、元素記号で考えることに慣れてしまって、
      装置などで実際に物を動かすことを考えるのを
      忘れがちな工学研究者は多いです。
      私の教育スタンスとして、院生には何か1つ装置を作ってから卒業してもらってます。
      工学部を卒業する以上、
      モンキーレンチとラジオペンチくらいは使えてほしいですからね。

      また、装置は、私で作れるくらいなので、
      お金を出せば誰かが作ってくれるとは思いますが、
      自分の手で作った方が、形状や性能などの装置特性が
      自分でよくわかるので、装置の改良なども容易になりますし、
      結局、目的には近道になることも多いと思います。

      ただ、我々も装置メーカーではないので、
      今回の石英反応管のように、こうしたいというコンセプトを
      装置のプロにわかるよう「伝えられる言語を持つ」ということが
      できれば十分だとは思います。
      プロの腕はどの分野でも一級品ですからね。職人って本当にすごいです。

      削除
    2. その通りですね。日本の研究者には是非、いわゆる現場感覚を持ってほしいです。

      削除
  2. 小倉(ジャパンプライズ)2013年10月17日 11:53

    怖いもの見たさじゃないですけど、ちょっとダメージを受けてみたい気もしますw。

    返信削除
    返信
    1. 小学校で濃塩酸のフタをあければ、ダメージを受けられますよ(笑)

      でも、ぜーったいに松原先生のセミナーの試薬の方が、大ダメージです。

      削除

亜鉛還元による太陽電池級シリコンの高速連続製造法に関する研究

安田 幸司
(京都大学 環境安全保健機構 助教)