2015年4月6日月曜日

Si-Zn合金を使ったシリコン製造法の成果発表

私は、太陽電池用途に用いる高純度シリコンの製造法に関する
研究を行っております。

本助成で行ったテーマは、
SiCl4(四塩化ケイ素)をZn(亜鉛金属)で還元し、
Si-Zn合金(シリコン-亜鉛合金)を中間生成物として
高純度シリコンを製造する手法ですが、
最近、電解法による、Si-Zn合金を中間生成物とした高純度シリコン製造法
に関する論文を発表いたしました。


著者: 安田幸司
題目: 液体亜鉛合金を用いたシリコンの電解製錬法の開発
書誌: 溶融塩および高温化学, 58(1), 20-27 (2015).


===============================


ホール・エルー法の原理図















出典: http://ja.wikipedia.org/wiki/ホール・エルー法




上に示すのは、金属アルミニウムの製造法である、
ホール・エルー法の原理図です。

酸化アルミニウムを、
約1000℃の溶融塩と呼ばれる電解質中で電気分解する
手法により、陰極で金属アルミニウムが作られています。


今回発表した論文では、
過去に我々で開発してきた電解法を、
ホール・エルー法をベースにして連続化や大型化するには、
どのようなプロセス原理が必要かという点について、
合金化金属の種類、電解温度などについて、各種検討を行っております。

各々の実験データについては、
今後、それぞれ論文発表していきたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

亜鉛還元による太陽電池級シリコンの高速連続製造法に関する研究

安田 幸司
(京都大学 環境安全保健機構 助教)