2014年1月12日日曜日

明けましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。


新年の1日目は、
研究室全員で、大学前の吉田神社へ祈祷に行ってまいりました。
まずは皆の健康を祈念。

今年も良い1年でありますように















===============================


さて、2014年に入り、まだ半月も過ぎていませんが、
大きな仕事がありました。

それは、「核燃料物質の安全管理講習会」



と言いますのも、
大学の教員は、大学院もしくは学部の所属で、
研究と学生の教育が主業務になる方が多いですが、
私は異なります。

環境安全保健機構が正式な所属で、
大学院エネルギー科学研究科が兼務先になります。
ちょっとレアな教員になります。


この機構は、京都大学の全学機構であり、
各学部間の連携を取って、大学の環境と安全等の確保をするのが
目的な組織であります。

機構の業務を行うにあたっては、
研究者、教育者とは違う、
事務員としてのスタンスが求められます。
そのため、事務部との密な連携を取りながら、
マルチな仕事の仕方が要求されるというポジションになります。



1月10日には、年に一度の上述の講習会を開催し、
昨年に続きまして、講師として、
京大内部における核燃料の管理状況について、
45分ほどの講演を行いました。

聴講者も近隣の大学を含めて80名前後が集まり、
外部の講師を1名お招きして、
京大からは私が状況を説明した会となりました。

通常、講習ではあまり質問が出にくいのですが、
今回は2つの講演について、
最後に合わせて質問を受け付けたところ、計8つもの質問をいただきました。

参加者からの興味ある会合となり、
講習の企画としては成功だったかと、ほっと胸を撫で下ろしてます。


===============================


というわけで、
講習も無事に終わったので、
今度は研究者としての側面に戻り、
電気炉の仕込みをして、休みの朝から自分で実験を行っている、
新年の朝であります。

まだまだ昇温中

2 件のコメント:

  1. 小倉(ジャパンプライズ)2014年1月14日 8:07

    明けましておめでとうございます!
    講習、成功裏のご様子、お疲れ様でした。
    当方は1月29日に受賞者発表記者会見を行う準備でめちゃめちゃ忙しくなりました。先生もあまりご無理なさらず、お体にはくれぐれもお気をつけ下さい。

    返信削除
  2. 小倉様
    あけましておめでとうございます。
    実験室がこないだ復電したばかりなので、復旧作業も兼ねております。2013年は引っ越しばかりで研究へかけられる時間が少なかったですし、今年は多方面から研究を進めていきたいと思います。
    今年の対象分野は私の専門家ら遠いですが、進展の著しい興味ある分野ですね。

    返信削除

亜鉛還元による太陽電池級シリコンの高速連続製造法に関する研究

安田 幸司
(京都大学 環境安全保健機構 助教)