2013年11月11日月曜日

学会発表

秋の学会シーズンです。

その他のイベントも入って、この時期は毎年多忙です。
この3週間で、学会×2つ、
学会見学会×2つ、セミナー×2つに参加します。


11月12日(火)~13日(水) 
 資源・素材学会 関西支部「学生のための製錬現場研修会」
  @ 岐阜~富山
11月14日(木)~15日(金)
 第37回電解技術討論会 @ 大阪府立大学
11月16日(土)
 松原先生 やさしい科学技術セミナー お手伝い @神戸大学

11月20日(水)~21日(木)
 第45回溶融塩化学討論会 @慶應義塾大学
11月21日(木)~22日(金)
 資源・素材学会 第49回製錬関係研究会 @ 北九州

11月26日(火)
 やさしい科学技術セミナー @ 兵庫県西宮市 山口小学校




===============================




私が関連するテーマでは、



発表学会:
 224th Meeting of The Electrochemical Society
 (米国、サンフランシスコ)

題目:
 Electrochemical Reduction Behavior of Granular SiO2 in Molten CaCl2

著者:
 楊
 肖  (発表者、京都大学特定助教)
 安田 幸司 (京都大学助教)
 野平 俊之 (京都大学准教授)
 萩原 理加 (京都大学教授)

 一坪 幸輝 (太平洋セメント株式会社)
 増田 賢太 (太平洋セメント株式会社)
 本間 敬之 (早稲田大学教授) 



発表学会:
 第37回電解技術討論会 
 (大阪府立大学)
  
題目:
 溶融CaCl2中における粉末状SiO2電解還元の反応機構

著者:
 楊
 肖  (発表者、京都大学特定助教)
 安田 幸司 (京都大学助教)
 野平 俊之 (京都大学准教授)
 萩原 理加 (京都大学教授)

 一坪 幸輝 (太平洋セメント株式会社)
 増田 賢太 (太平洋セメント株式会社)
 本間 敬之 (早稲田大学教授)

3週間で2回発表なのに、間の週にも実験する働き者の楊さんです






発表学会:
 第45回溶融塩化学討論会 
 (慶應義塾大学)



題目:
 溶融CaCl2中におけるSiO2電解への液体Si-Zn合金陰極の使用に関する検討

著者:
 
 安田 幸司 (発表者、京都大学助教)
 野平 俊之 (京都大学准教授)
 萩原 理加 (京都大学教授)

 本間 敬之 (早稲田大学教授) 


題目:
 溶融CaCl2中における液体亜鉛電極の電気化学的挙動

著者:
 
 島尾 武征 (発表者、京都大学大学院修士1年生)
 楊 肖  (京都大学特定助教)
 安田 幸司 (京都大学助教)
 野平 俊之 (京都大学准教授)
 萩原 理加 (京都大学教授)

 一坪 幸輝 (太平洋セメント株式会社)
 増田 賢太 (太平洋セメント株式会社)
 本間 敬之 (早稲田大学教授)


題目:
 KF-KCl-K2SiF6中におけるシリコンの電析反応

著者:
 
 前田 一真 (発表者、京都大学大学院修士1年生)
 安田 幸司 (京都大学助教)
 野平 俊之 (京都大学准教授)
 萩原 理加 (京都大学教授)

 本間 敬之 (早稲田大学教授)


題目:
 溶融NaCl-KCl-PrCl3-NdCl3-DyCl3中におけるRE-Ni合金の選択的形成

著者:
 
 近藤 克哉 (発表者、京都大学大学院修士2年生)
 安田 幸司 (京都大学助教)
 野平 俊之 (京都大学准教授)
 萩原 理加 (京都大学教授)

 
M2の近藤君です。
宇治の実験室が工事中で使えないので、
今のうちに修論書いてます。
















===============================



本助成ではSi-Zn合金を使ったZn還元法を研究しているのですが、
その成果の一部が、電解法でSi-Zn合金を使う場合にも適用
できるということで、私と島尾君の発表では、
謝辞に国際科学技術財団を記載させていただいております。
ありがとうございます。

2 件のコメント:

  1. ほんと、忙しいですね。忙しい時期に「やさしい科学技術セミナー」をやって頂き恐縮です。
    昔から、『有能な人ほど忙しい』『大切な仕事は、忙しい人に頼め』と言いますから。。。
    というのは冗談ですが、本当にありがとうございます。
    感動を与えるセミナーを期待しています。

    返信削除
  2. 中原様

    雪のちらつく岐阜、富山から帰ってきました。

    上に記載のように、
    セミナーの1週間前には、自ら学会で口頭発表なので、
    そちらと小学生とでタイプの違う相手の講演を行うことになります。
    そういう時期の方が、身も心も引き締まっていいサイクルに
    なるように感じます。

    さて、明日からは大阪に行ってきます。

    返信削除

亜鉛還元による太陽電池級シリコンの高速連続製造法に関する研究

安田 幸司
(京都大学 環境安全保健機構 助教)