2016年3月6日日曜日

2015年度 大掃除と研究室送別会

ウチの研究室では、
3月の第1週に、一週間をかけた大掃除を行い、
金曜に追いコン(送別会)を開催する伝統があります。

大掃除だけでなく、
卒業生が今までに残してきた実験サンプルのうち、
後輩へ引き継ぐものは手渡して、廃棄するものは廃棄する、
という時期でもあります。
装置のノウハウや管理に関する引き継ぎも行いますね。


今年は、2つの部屋について、
大きな配置換えを行いました。
私は大きな方の実験室の指揮系統で。。。


使えない本棚は廃棄して


メタルラックを組み立てて


倉庫を作り上げ、
広く使える整理された状態にしました





































という、写真のような感じで、
実験室を広く効率的に使えるようにしました。
ポイントとしては、
装置を配置するのではなく、通路を作り上げること、ですね。


そこで、わかったこと2つ。


1.重量のある装置に6人は必要と思っていたところ、
  外国人が入ると3人でオーケー。

2.メタルラックを組み立てるのに、
  やけに外国人メンバーのテンションが高い!


という、遺伝子の違い(!?)を感じました。

まぁ、皆楽しそうなので良かったです。



追いコンで乾杯のあいさつをする萩原教授











そんな1週間も終わり、昨日は追いコン。
皆に卒業の色紙とプレゼントが渡され、夜も更けていきました。

卒業してもみんながんばるんだよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

亜鉛還元による太陽電池級シリコンの高速連続製造法に関する研究

安田 幸司
(京都大学 環境安全保健機構 助教)