2013年5月24日金曜日

石英管加工

助成いただいているテーマと
やさしい科学技術セミナーの両方で、
ハンドバーナーを使用予定にしています。


ということで、買いました! 

ハンドバーナー(ボンベは3本購入)























===============================


まだここに内容を書けてませんが、
助成のテーマは、蒸気圧の高い物質を高温で反応させて
サンプルを作製します。

そのため、
いわゆる 『ツーツー』な容器では、
空いている位置から、物質ガスがどんどん逃げていくわけです。
そこで、ガラス容器を加工して、
サンプルを容器内部へ『封入』します。
そうすると、密閉された内部で反応が進ませることができるんですね。


ちなみに、
ウチの研究室には都市ガスが通っているのに、
何故わざわざハンドバーナーを買ったかというのにも、理由があります。

よく実験で使うガラスはパイレックスガラスといって、
600℃くらいの温度をかければ軟化して加工ができるようになります。
都市ガスは主成分がメタン+エタン
火力が弱いのですが、パイレックスガラスならば十分なわけです。

しかし、
今回のテーマでは1000℃手前での反応を行います。
すると、パイレックスガラスでは、この温度にもたないんですね。
そのため、1200℃くらいまでもつ石英ガラスを使うわけです。

加工するのにも、より高温が必要なので、
都市ガスだと火力が足りず、プロパン+ブタンの入ったバーナー
今回購入したわけです。


===============================


ということで、とりあえず練習からスタート。



ゴゴゴ。。。という音がします





















いや、意外に熱いぞ。。。

ということで、改良。


手持ちには限界があるので、クランプで保持することに。


















===============================


外注でもガラス容器はできるんですが、
お金もかかるし、何より時間がかかる。 

改良をするのも難しいので、オリジナリティある研究のためには、
自分で新しい装置を考案して自作することが大切なんです。




ということで、
日々、職人へ向けて修行です。

6 件のコメント:

  1. 中原@Japan Prizeです。
    いろいろな工夫をされているんですね。
    現代は、便利なものがたくさんあるので、比較的手軽に実験材料も自作することができるということですね。
    基本的に、文明の利器が無い時代や場所での実験や研究には、おのずと制限がかかる→発想にも制限がかかるということですかね?頑張ってください。ただし、安全には、十分気を付けてくださいますようお願いします。

    返信削除
    返信
    1. 中原様
      企業の方などは、自社の製作したい製品ができるように、
      装置をあれこれ工夫なさいます。
      我々も研究を進めるうえで、かつ学生への教育のうえでも、
      既製品にこだわらず、色々と自作できるものは
      自作していくようにしたいと思います。
      安全には、軍手をつけるようになりました。ありがとうございます。

      削除
  2. 小倉(ジャパンプライズ)2013年5月24日 10:43

    この後姿は島尾くん、2度めの登場でしょうか?
    ところで先生、このバーナーは完全にやさしい科学技術セミナーの備品ですよね?財団名で領収書をとって、後で纏めてお送りください。

    返信削除
    返信
    1. いえ、写っているのは私です。
      私も久々のガラス加工ですので、
      彼に教えつつも、自分の腕を磨いております。

      領収証、了解いたしました。

      削除
    2. 小倉(ジャパンプライズ)2013年5月27日 18:33

      おおお~。沖縄などでガラス細工を作ったらプロよりもすごいものができそう。。。。

      削除
    3. プロの腕を知っているので、高き壁にめげそうですが、
      大学を定年退職したら、
      第二の人生でガラス細工の職人を目指しましょうか。

      挑戦は我々の原動力ですから!

      削除

亜鉛還元による太陽電池級シリコンの高速連続製造法に関する研究

安田 幸司
(京都大学 環境安全保健機構 助教)